毎日、通勤電車の中やすきま時間におこずかいを稼いでいます。

By: Tejvan Pettinger

私は30代のサラリーマン。いつも、すきま時間を使っておこずかいを稼いでいます。例えば、すきま時間に通勤があります。職場まで通勤時間は1時間半あるので電車のなかでインターネットを使いおこずかいを稼いでいます。

電車のなかでインターネットで稼ぐ方法は簡単です。必要なものはスマートフォン一台あれば十分です。しかし、稼ぐ前に実際に稼げるサイトに登録しなければなりません。まずはその具体的なサイトの種類を紹介します。

代表的なものにポイントサイトげん玉というものがあります。げん玉は無料で登録ができます。登録後はサイト内を見るだけで誰にも教えて貰わなくとも簡単にお金の貯め方がわかります。例えば広告をクリックするだけでポイントが貰えます。といった内容がサイト内に場所とともに書かれているので判りやすいと思います。

さらに作業が単純なので迷うことがありません。ただ表示された内容をクリックするだけなら電車のなかで誰でもサクサク作業ができます。自分は毎日通勤電車の中で広告をクリックするだけで一日に5円ぐらいは稼いでいます 。

しかし、これだけでは毎日の消費税すら払えません。でも心配ありません。実は他にも開いた時間を使って稼ぐ方法がげん玉にはあるのです。その一部を紹介します。それはゲームの無料アプリダウンロードです。ゲームのアプリを携帯に取り込んで起動するだけで良いのです。

もちろん、ちょっとだけ試してプレイしなくてはならないものもありますが、それでも十分楽して稼げます。でも、こちらは通信環境の良い場所でやってほしいです。個人的には稼げる副業というサイトにも良い情報が書かれていたので確認してみることをお勧めします。

本業のお仕事が休みに働ける副業を探すこと。

By: Sunny_mjx

簡単に言ってしまえば、とにかくお金が欲しいということなんですね。副業を考えるなら、なにも常時お仕事が続くようなところにポイントを置く必要はないんだと思うんです。確かに継続してやれるお仕事は安定した収入が見込め、堅実で魅力的かもしれません。でも、短期、あるいは期間集中型のアルバイトも、収入面ではかなり魅力的でした。

本業の休みに働けるお仕事って、探せばあるもんなんですね。ゴールデンウィークなんかには最適なお仕事が転がってます。行楽地でのアルバイトから、ゴルフ場でのキャディー、イベントの告知スタッフ、会場整理役員、レストラン、旅館、本当に盛りだくさんです。

一番のおすすめというのは、年に2回ほどビックサイトで開催されるコミケというイベントでございます。ここには世界中からアニメやゲームなどのマニアが集まり、実に異様な空気を放出してるんですね。ここでのイベントスタッスはいろいろとありますから、応募してみるのも手です。

一つには、今の流行が分かるということと、アルバイト料金も高額ということ、それから自分がそういうものに興味があれば、これはお金よりも得るものが大きいと思うんですね。実際、ここでお仕事をされている方たちは、そういう気持ちで働いている方がほとんどです。

どんなことでも言えることだと思いますが、自分が好きなもの、興味のあること、そういうところから副業ってものは探すのが一番なんですね。そうすれば続けられます。本当にそう思いますよ。

ハンドメイド作品販売で、流行に乗った、ちょっとした商売。

By: Annie Pilon

よく世間には、自分の得意分野で勝負すればいい、という人がいますが、自分の得意分野で、たとえばお金を稼ぐことができれば、これはものすごく楽しいし、やりがいがあるお仕事だと言えますね。やっぱり好きに勝ることはないんですから。これは本業にも充分に通じることだと思います。

でも、本業で自分の好きなことをやられている方って、意外と少ないのが現状でしょうね。皆が自分の思った通りのお仕事に就いてるわけじゃない。おりしも、就職難の氷河期と言われるこの時代ですから、しかたなく働いてる、と言うのが適切なんじゃないでしょうか。ちょっと暗い話になってしまいました。

それなら副業としてなら、自分の得意分野が活かせるんじゃないでしょうか。たとえば、ハンドメイドというものに目をつけて、縫い物や編み物などでちょっとした作品を作って売るというもの。売り方はいろいろございます。ネットショップサイトやオークション、またフリーマーケットでもいいです。今はペットの服なんかがとっても人気ですよ。

一年の中にはさまざまなイベントや行事がございます。その節々に最適なペットに衣装をつくれば、これは人気が出るんじゃないでしょうかね。ひな祭り、子どもの節句、ハロウィン、そしてクリスマス。それぞれに合った衣装をつくればいいんです。

また、最近ではコスプレなんていうものも流行っておりますから、ペットだけじゃなくてターゲットを人に搾ることだってできちゃう。アニメの主人公を真似た衣装や話題性充分なファッション、なかなか人気が出るんじゃないでしょうか。

サラリーマンに人気のある朝注文を入れるトレード

By: John Chu

昼間、仕事をしているとチャートを見られないので朝、指値や逆指値注文を入れて取引しているサラリーマンが多いようです。指値や逆指値注文を入れておくとチャートを何回もチェックする必要もありませんし、FXを始めた当時は楽チンでいいなと感じていました。でも、朝、指値や逆指値注文を入れるといっても何を基準にして注文を入れているのか分らなかったのでずっと成行でポジションを持っていた感じです。

私のようにどうやって注文を入れているのか気になっている方も多いと思いますが、注文の入れ方にもいくつか方法があります。まず、よく利用されているのがシグナル配信サービスです。シグナル配信サービスは朝注文を入れてあとは指値と逆指値までに到達するまで放置します。また、シグナルが出た時に配信されるタイプもありますが、これは何時にシグナルが発生するのか分りません。サラリーマンが仕事中にメールを受信して注文を入れることは難しく感じます。それでサラリーマンにはいつシグナルが出るか分らない配信サービスよりも出勤前に注文できる方法が人気のようです。

それから次に多いのがピボット注文です。これは前日の値動きから今日の値動きを予想したツールでほとんどのFX会社で朝のニュースなどで配信されています。そのまま注文できますし、チャートを確認して注文を入れるか判断してもいいでしょう。

また、前日の安値や高値に数pips余裕を持たせて注文を入れているトレーダーも多いようです。朝、チャートを見て前日の安値と高値をチェックするだけでいいですし、指値や逆指値の入れ方はトレーダーによって違いますが、高値から数pips上に買い注文を入れて逆指値を前日の安値に設定しておきます。反対に売りの場合は前日の安値の数pips下に注文を入れて前日の高値に逆指値を入れます。

この方法はトレンドが出ている時には使える手法だと思いますが、ボックス相場で動いている時は逆指値になるか、少しの利益で決済、あるいは少しのマイナスで決済になりそうです。ですから、相場を見極めることも大切だと思います。

WEB媒体で無くあえて紙媒体で値動きを分析するメリット

By: Pedro Ribeiro Simões

FXでは、様々なツールを用いるケースが大変多いです。とりわけ値動きグラフなどは、日頃から利用する頻度が非常に多いですね。人によっては、そのグラフの機能が充実している方が望ましいと考えている事もあります。ところでそのグラフを用いるとなると、人によっては様々な書き込みなどを行っています。いわゆるラインを描く方々などは、非常に多く見られるのですね。

この金融商品では、いわゆるトレンドの見極めが必要になるケースが多々あります。上昇しているのか、それとも下落をしているのかを見極めることは大切ですね。その流れに乗る事により、今後の自分の成績なども大きく変わってくる傾向があるからです。ところでトレントを見極める為には、いわゆるグラフなどに対する書き込みをするケースがほとんどですね。グラフの上をクリックしますと、ペン状のアイコンが出てくるケースもあるでしょう。それを用いて、グラフに様々な線を描く方々などは多く見られます。

確かに直接書き込むのも、個人的には悪くないとは思います。しかし人によっては、グラフは紙に書く方が望ましいと考えているようですね。WEB媒体では無く、あくまでも紙を用いてグラフを描く訳です。実際私の知人の1人も、普段から紙媒体を用いてグラフを描いているようなのですね。WEB媒体では、めったに描かないようにしているそうです。というのも紙媒体の方、やりやすい一面があるようなのです。WEB媒体に比べると、描きやすい一面が非常に多い上に、そもそも保存性に関するメリットがあります。

ノートなどの紙媒体は、ちょっと保管をしておけば良い訳ですね。しかしWEBなどの媒体の場合は、自分が描いた線がいずれ消えてしまう事になります。それは少々もったいない訳ですね。私たちは自分の分析などを、時には反省したいと思う事があります。その場合は、文書が保存されている方がやりやすい訳ですね。ですのでFXの分析を効率化したい時には、紙媒体を検討してみると良いでしょう。

ポジポジ病での損を何度か経験するべき理由とは

By: Presidencia de la República Mexicana

人々は、たまに大きな病気になってしまっています。金融業界では、その病気がポジポジ病などと表現されている事があるのです。その病気になってしまっている時には、やはり気をつけた方が良いでしょう。それはどのような病気かというと、とにかく建玉を保有していないければ気が済まない状況ですね。理由は人それぞれですが、何らかの建玉を保有していないと、気持ちが落ち着か無い方も中には見られる訳です。

私の知合いのトレーダーの1人に、1日に数十回ほどの売買をしている方が見られます。とにかく1秒たりとも建玉を保有していないと、気持ちが落ち着かない病気なのだそうです。ちょっと精神的な病気にも近いですね。ではその知人の売買のパフォーマンスはどのような状況かというと、残念ながらあまり良くありません。普段から建玉を持つ頻度が多い訳ですが、それが含み損になってしまうケースが非常に多いのだそうです。それで売買のパフォーマンスが悪くなり、その方としても困っているようなのですね。

上記のようなポジポジ病などは、やはり改善をしたほうが望ましいと思います。そして、私もその気持ちは何となく分かるのですね。以前の私はデイトレなどでの売買をしていましたが、とにかく常に建玉を保有していないと気持ちが落ち着きませんでした。

それで流石にある時から、ちょっと見直しをするようになったのですね。その結果、現在では利益率もアップしています。以前ならば年間の利益率はマイナスだったのですが、最近では常にプラスになっています。ですのでポジポジ病を改善させることは、やはり非常に大切だと思う訳です。

ポジポジ病の治療の為には、やはり何回かは損失を経験する必要があると思います。実際に損失を経験してみないと、その病気の怖さが分からない事も多いからです。逆に損失を何度か経験すると、その病気の恐ろしさが分かる訳ですね。FXで上級者入りしたいならば、一度はポジポジ病での損を経験してみるのが良いと思う次第です。