WEB媒体で無くあえて紙媒体で値動きを分析するメリット

By: Pedro Ribeiro Simões

FXでは、様々なツールを用いるケースが大変多いです。とりわけ値動きグラフなどは、日頃から利用する頻度が非常に多いですね。人によっては、そのグラフの機能が充実している方が望ましいと考えている事もあります。ところでそのグラフを用いるとなると、人によっては様々な書き込みなどを行っています。いわゆるラインを描く方々などは、非常に多く見られるのですね。

この金融商品では、いわゆるトレンドの見極めが必要になるケースが多々あります。上昇しているのか、それとも下落をしているのかを見極めることは大切ですね。その流れに乗る事により、今後の自分の成績なども大きく変わってくる傾向があるからです。ところでトレントを見極める為には、いわゆるグラフなどに対する書き込みをするケースがほとんどですね。グラフの上をクリックしますと、ペン状のアイコンが出てくるケースもあるでしょう。それを用いて、グラフに様々な線を描く方々などは多く見られます。

確かに直接書き込むのも、個人的には悪くないとは思います。しかし人によっては、グラフは紙に書く方が望ましいと考えているようですね。WEB媒体では無く、あくまでも紙を用いてグラフを描く訳です。実際私の知人の1人も、普段から紙媒体を用いてグラフを描いているようなのですね。WEB媒体では、めったに描かないようにしているそうです。というのも紙媒体の方、やりやすい一面があるようなのです。WEB媒体に比べると、描きやすい一面が非常に多い上に、そもそも保存性に関するメリットがあります。

ノートなどの紙媒体は、ちょっと保管をしておけば良い訳ですね。しかしWEBなどの媒体の場合は、自分が描いた線がいずれ消えてしまう事になります。それは少々もったいない訳ですね。私たちは自分の分析などを、時には反省したいと思う事があります。その場合は、文書が保存されている方がやりやすい訳ですね。ですのでFXの分析を効率化したい時には、紙媒体を検討してみると良いでしょう。